金貨の今後はどうなる

ウルトラハイリリーフ金貨にはいくつか種類がありまして、ウルトラハイリリーフ金貨の中でも最高峰と誉れ高いファーストストライクは、鏡のような透明感と輝きを持つ完成度の高い一品です。初期製造・初期出荷ロットという文字通り希少価値が極めて高い金貨です。実はアメリカ大手専門店である2店舗から発行されてはいるのですが2013年現在で40枚弱しか確認できていないのです。

まったく同種なのですがウルトラハイリリーフ金貨をデザインした作家のサイン入りというものも発行されています。ちなみにコインのデザインを手がけたのはプロのイラストレーターおよび彫刻家であり、アメリカ造幣局職員でもあった人です。現在残存しているのは50枚ほどしかありませんから希少価値はかなり高いです。サイン無しというものや若干未完成のものなどがあり少しずつ価格が下がってきています。

今後これらのウルトラハイリリーフ金貨の評価はどう変化していくか気になるところですが、再度新規復刻される可能性が高まってきました。さすがに2009年復刻版からかなり月日が流れている事もあり、さらに金額が上がるという見方が有力ですし、再びウルトラハイリリーフ金貨の人気もあがれば、他のコインへの投資熱がますますヒートアップするのは必至です。